「家族滞在」という在留資格(ビザ)があります。

この家族滞在ビザとはどういったものがというと、主に日本で就労ビザを取って働いている外国人の配偶者(妻または夫)および子供のためのビザになります。

基本的に、日本で働いている外国人の方は就労ビザを取っていますし、その就労ビザがあるから日本に滞在することができます。

しかし、その奥さんや子供は就労ビザを取っていないし、取れないという場合。
何か他にビザが無ければ日本に滞在することができなくなってしまいます。

そのときに出てくるのが「家族滞在」ビザです。

つまり、家族滞在ビザとは、就労ビザを取って日本で働いている外国人が、自分の妻(または夫)や子供を日本に呼び寄せたい、日本で一緒に暮らしたいという場合に使われるビザになります。

日本に留学生として来ている外国人の方が、自分の妻や子供を呼び寄せる場合に使われることもあります。

家族滞在ビザは就労系のビザではありませんが、資格外活動許可を得ることで、週28時間以内であればアルバイト等をして収入を得ることができます。

また、家族滞在ビザの対象となっている「家族」は、あくまで配偶者(妻や夫)および子供のことであるため、この家族滞在ビザを使って自分の父母や兄弟姉妹を日本に呼び寄せることはできませんのでご注意ください。