「帰化」とは、日本国籍を取得して日本人になることになります。

日本では二重国籍を認めていないため、日本人になる場合には元の国籍を喪失・離脱する必要があります。
そして、喪失・離脱できることが日本の帰化の条件にもなっています。

日本は世界でも有数の帰化が難しい国と言われており、2014年にはアメリカのメディアにより、国籍取得の難しい国トップ5に選ばれました。

実際に日本は、他国に比べて満たさなければならない帰化の条件が厳しく、またその手続きも大量の書類が必要になるなど、大変なものになっています。

帰化の必要書類は一般的には100枚程度、多い人では300枚程度となります。
自分一人で帰化申請をやる場合には、多大な時間がかかると覚えておいてください。

日本の帰化が難しいのは第一に帰化の条件面、そして次に面倒な帰化の手続きの存在です。

日本への帰化をお考えの方は、まずご自分が帰化の条件を満たしているのか、そして何が必要となってくるのかを調べてみるといいかと思います。