その名のとおり、日本に短期間滞在することを目的としたビザ(在留資格)になります。

ただし、ビザ免除国の人が日本に入国しようとする場合、「商用、会議、観光、親族・知人訪問」を理由とした入国であれば、短期滞在ビザを取得することなしに入国することができます。

ビザ免除国に当てはまるかどうかは、こちらをご確認ください⇒日本にノービザ(査証なし)で入国できる国一覧

短期滞在ビザの注意点①日本で報酬を受ける活動はできない

短期滞在ビザでは、日本で報酬を受ける活動をすることはできません。

これは短期滞在目的が商用であっても同様です。
日本で報酬を受けたい場合は他のビザ(在留資格)が必要になりますのでご注意ください。

短期滞在ビザの注意点②基本的に更新することはできない

90日の短期滞在ビザで入国し、再度90日間延長(ビザの更新)して日本に滞在し続けたいと思っても、「人道上の真にやむをえない事情」や「これに相当する特別な事情がある場合」でなければ更新は認められません。

具体的には病気や怪我で出国することができないなどの事情が必要となります。